オベリットと一緒にビタミン剤を取ろう!

オベリットは、ゼニカルのジェネリックの肥満治療薬です。
主成分のオーリスタットは、消化酵素のリパーゼの働きを抑えます。
摂取した食物の脂肪分の吸収を、約30%抑えることが出来ます。
脂肪分が腸から吸収されずに、その分便と一緒に排泄されるようになります。
通常の食事が出来、無理な食事制限をすることなく、ダイエット効果を期待できます。
ストレスを感じることなく、ダイエットが可能なので、リバウンドも少ないと言われています。
また油分の吸収をカットすることから、高血圧や高コレステロール、高血糖値を改善する効果も期待できます。

オベリットは毎食の食前、もしくは食直後に1錠を服用します。
食事をしない場合や、油分の少ない食での場合には効果がありません。

しかし、服用によって脂肪分とともに、脂溶性ビタミンであるビタモンA、E、D、Kの吸収も妨げるため、これらの栄養素が不足しがちになります。
ですのでオベリットを服用する場合には、一緒にビタミン剤を摂取すると良いとされています。
また服用し始めのころには、便意の回数やおならが増えたりすることがあります。
しかし、重い副作用はなく、アメリカFDAの承認も受けている安全な肥満治療薬とされています。

オベリット以外のゼニカルジェネリックの種類

ゼニカルといえば、ダイエットピルの中でも有名な脂肪阻害系の薬です。
食事で取った油分の一部を体内で吸収させないような働きがあり、便と一緒に体外へと排出する働きがあります。
いつも通りの食事を食べていてもカロリーカットすることができるので、ダイエットには有効です。

ゼニカルジェネリックとして有名なのがオベリットです。
成分はそのままでゼニカルより値段が安いので、費用を抑えてダイエットしたい方にはとても人気があります。

そして、ゼニカルのジェネリックはオベリット以外にも幾つかあります。
オルリファスト、ビーファットなどが有名で、5種類くらいは日本でも輸入代行業者などを利用して、購入する事ができます。

いずれのジェネリックも働きはゼニカルと同様で、体内の脂肪分解酵素リパーゼの働きを抑制して、脂肪分をある程度体に吸収させない働きがあります。
その結果、油分の吸収が抑えられてカロリーを減らすことができて、ダイエットへとつながります。

薬なので個人の体質によって合う合わないがあり、ゼニカルが合わなかった方でも、ジェネリックなら大丈夫な場合もあります。
費用を抑えて同じような効果が出るので、気になる方はぜひ試してみてください。