今更聞けないビタミンと美容の関係

弾力のある健やかな肌に必要な、ビタミンと美容の関係をご説明します。
・ビタミンAは皮膚や粘膜を正常に保ち、抵抗力や免疫力を向上させてくれる働きがあります。
不妊症の治療にも効果を発揮します。
ホウレン草やレバーに多く含まれます。
・ビタミンB1は、美肌の大敵のストレスを取り除いてくれるので、積極的に取りたいビタミンです。
玄米や豚肉に多く含まれます。
・ビタミンB2は基礎代謝を活性化し、痩せやすく太りにくい身体にする働きがあります。
免疫力も上げ粘膜を丈夫にしてくれるので、美容には是非取っておきたいビタミンです。
納豆や牛乳に多く含まれます。
・ビタミンCはシミやしわなど紫外線によるメラニンの生成を抑えてくれるので、美白を求めている人にはおすすめです。
肌の潤いと弾力を保つコラーゲン生成にも必要なビタミンです。
イチゴやアセロラに多く含まれます。
・ナイアシンは糖質と脂肪の代謝を高めたり、皮膚と粘膜を丈夫にする働きがあります。
カツオやたらこに多く含まれます。
・パントテン酸は美しく艶のある髪を作る働きがあります。
たらこやレバーに多く含まれます。
・ビタミンDは歯や骨を丈夫に保つ働きがあります。
さんまや鮭に多く含まれます。
・ビタミンEは細胞の老化を防ぎ生き生きとした肌を作ります。
アーモンドやハマチに多く含まれます。
・ビタミンPはビタミンCの吸収を助けコラーゲン生成に必要です。
レモンに多く含まれます。